気分軽やかに日々を過ごすために

コーチングや日々の気分のコントロールをテーマに・・・

イラっとした時は一人相撲しているのかも。

気づいたら今年もあと3ヶ月強。


早いものですね。
もうすぐ10月がくるんです。今年も終わりが近づきます。

 

台風が来て、雨も多くなってきたせいか、気温もめっきり下がり、
寒いと感じることも。
秋が来たんですね。

今、私の目の前には猫が2匹が寝そべっていますが、猫にも過ごしやすい季節ですね。不思議なもので、いつ見ても猫は可愛いです。
どんな時でも撫で撫でしてしまいます。

 

人間相手だと、どうしてもいつもご機嫌というわけにはいかないのに何故でしょう。

きっと猫は自分に、将来にわたって物理的にも、精神的にも直接の危害を加えないし、言語を介した複雑な反応もない。
こちらもそこまで猫の意は汲めないのだから、気にしない、という絶対的な安心感(諦め?)があるからでしょうか。

もし仮に、猫が人語を操って何かを訴えるとしたらと、考え始めると、こうはいかない気がします。。。

 

同列に並べる事自体にそもそもの問題はありますが、その辺は置いておいて、
猫と同じ様に、まだ言葉のわからない人間の赤ちゃんだったらどうでしょう。

 

世間の母親たちは子供相手にイラッとしたり、当たったりしてしまうと聞きます。

 

猫と違って、将来、コミュニケーションが取れる日が来ることがわかっているから、あるいは、それが前提にあるので、
意思疎通のできない現時点でも、勝手に親の側が期待してしまい、その期待を裏切られたことでイラッとしてしまうのでしょうか。

 

「どうして分かってくれないのか」と考えてイラっとしているのなら、
「分かってくれてもいいのに」という期待が存在している可能性があるので、
知らず知らずのうちに期待して、その結果、失望するということが起きているのかも
しれません。

 

そう思えば、赤ちゃんでなくても、同じですね。

人はそれぞれ価値観も違いますし、見えている現実も、捉え方もそれぞれ違います。
自分にとって当たり前でも、他者にとっては当たり前で無い事はよくある話です。

 

……と、頭でわかっていてはいても、
実際は、自分が「常識」レベルと思い込んでいることに自分で気づかずに、
つまり、個人差がある部分と頭の中で想定できていないために
他者に対してイラっとしている、ということは珍しくありません。

 

もしも、他者に対して反射的にイラっとしてしまうことで、お困りのことがあるなら、自分がその時、何を期待しているのか、どうだったらイラっとしなかったと思うのか、
振り返ってみたら何か発見があるかもしれません。

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

 

 

内なる子供、インナーチャイルドを見つけて、仲良くなって、軽やかに♪

人は、生まれて2、3年の間は絶対的に親に依存して暮らします。
その時、ごく普通にケアされて育った子供は自分の周囲/自分自身に対して
「基本的信頼感」を育みます。
これが無い場合は、自分も他者も信用できないまま、大人になっていきます。
また、体が出来る時期でもあるので、ストレスホルモンなどのバランスもこの時期に
影響されます。ストレスを感じやすい体質になったり、そうでなかったり、
するようになるのです。
(勿論、持って生まれた遺伝的なものもかなりな程度を占めます。)
 
さらに人は生まれて、5-6年の間に、自分が抱く感情に名前をつけ学習して、
その人なりの世界の捉え方(思い込みとも言う)を獲得していきます。
この、その人なりの思考パターン、常識、世の中の捉え方は無意識にその人の根底に
染み付きます。
そして、その人のその後の「行動パターン」、「潜在意識」として影響を与えていきます。
これが「内なる子供」、「インナーチャイルド」と言われるものになっていきます。
 
フロイトは理性で無意識をコントロールしようとする「自我」に対して、無意識的なものを「エス」と呼びましたが、この「エス」に近いものが「内なる子供」ということになります。
 
人の行動に与える影響のうち、この「無意識」、「潜在意識」の影響は大きく、
80-90%程度はこの影響を受けていると言われます。
 
例えば、同じ現象が起きた人でも「無意識」の自己評価が低い人、高い人とで、そもそもその現象の捉え方に違いが出ます。
ちょっとしたことでも心配になって夜も眠れない人もいれば、全く気にしない人もいます。
その差は、その人の事象の捉え方や、行動パターン、ものの見方の違いです。
 
同じ現象を見ても、夜も眠れないAさんは、何かが起きるかもしれないと思って心配し、全く気にしないBさんはどうせ何も起きないだろうと思っているわけです。
 
もっと掘り下げると、Aさんは理性がある大人の自分、「自我」は「そんなことは無い」と思えていても、「内なる子供」、「潜在意識」は咄嗟に「悪いことが起きるんじゃ無いか」と思い、葛藤の結果、「無意識」が勝ってしまって、夜も眠れない、ということになっているわけですね。
影響が大きいといわれるのがどういうことか、がわかりますね。
 
これと同様のことが色々なところで、差になって現れます。
 
そこで、冷静に理性で、「過去、本当にそんなに悪いことばかり起きたか」を考えてみれば、そんなにしょっちゅう運の悪いことばかり起きているわけでも無いことがわかることも多いので、立ち止まって、その状況に気づくことができれば「内なる子供」、「潜在意識」に、大人の自分、「自我」が打ち勝つことが出来ます。
そうなれば、そこまで心配しすぎることも無くなります。
 
これが出来ると、「内なる子供」に振り回されて、必要以上に不安になったり、怒りを感じたりすることが減って、感情に振り回されにくくなり、気持ちが安定しますし、何よりもう少し気を楽にして、日々生活出来るようになるはず。
 
何か自分に起きて、苦しい時。
何故、そんなに腹が立つのか、何故、そんなに悲しいのか、感情面で辛くなってきた時は、
少し立ち止まって、考えてみると良いかもしれませんね。
 
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
 
 
 

 

変化を感じるということ

最近、涼しくなってきました。
肌寒く感じることもありますね。

自宅の周りでは虫の声か、鳥の声のようなものも聞こえてくることに
気がつきました。

忙しくしていると、なかなか周りの変化には気づきにくいものですが、
変化を感じたことに私は今、余裕があるんだなと、少し安心しました。

 

人は、変化していきます。

頭では分かっていても、納得はできていても、
この変化は身近であればあるほど気づきにくいもの。

 

過去を取り出して比べてみなくては気付けるものではありませんし、
「今」を必死で生きている時にはそんな余裕はないので、
勿論、気がつけません。

 

気がつけない時は、きっと、「今」を必死で生きている状態なのですね。
余裕が無いと考えることもできますが、そんな必死で生きている状態も貴重な時間です。

 

そんな忙しい方々が自分は今、必死で生きているんだな、と立ち止まる。

小さな事ですが、そんな形でお役に立てると嬉しいですね。

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

はじめまして、自己紹介

自己紹介

はじめまして。真由美と申します。

現在は、コーチングや、中小企業向けのIT系支援、システム構築プロジェクトの支援などをお仕事にしています。

全くの仕事関係ではなく、人間関係や困りごとについて、解決していくためのコーチングもお受けしています。

客観的特性

自分での説明では説得力に欠けるので、診断ツール系の結果を載せてみます。

平たく言うなら、さっぱりした合理的主義な性格です。

(だいぶ極端なので、周りにもロジカルだよねと言われる場合がありますが、冷たいと言われたことはありません)

◆クリフトン・ストレングス・ファインダー

上位資質は以下の通りです。

1:個別化

2:達成欲

3:アレンジ

4:分析思考

5:調和性

※ちなみに最下位は、「共感性」です。補足しておきますと、感情よりも事実と合理性、というイメージですので、怖がらないでくださいね。

別にサイボーグじゃ無いですw

◆VIA

上位資質は以下の通りです。

1:知的柔軟性

2:思慮深さ

3:寛容さ

4:誠実さ

5:大局観

 

苦しんだこと、得意なこと

かなり若い頃から、仕事上、プロジェクト内で管理に近しい仕事をしてきたので、コーチング的な視点や、管理職の人材管理、モチベーション維持などについて、常に課題感を持って本を読んだり、実践してきたりしました。

また、自身が感情面で良くも悪くも安定しており、起伏が少ないことから、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを把握できずに自己分析に苦労した経験もあります。

元ITエンジニアで、部門組織の管理職経験もあります。

同じような方々には、お役に立てることもあると思います。